講師紹介
Teacher

講師紹介

教室代表

広比瑞枝

~ 代表略歴 ~
広比瑞枝≫チャイコフスキー記念東京バレエ団出身 
≫海外公演参加
 (ヨーロッパ10数か国、3ケ月間)
 (ロシアボリショイ劇場に日本のバレエ団として初出演)
 (ヨーロッパ2ヶ国、2ヶ月間)
≫第三回世界バレエフェスティバルに参加
≫東京公演及び地方公演に参加

北原秀晃氏、アベ・チエ女氏、山路瑠美子女氏、井上かおる女氏、溝下司朗氏、佐藤宏氏、友田弘子女氏はじめ。
メッセル女史、イチノ・ヨーコ女史、ラウラ・アロンソ女氏、モーリソス・ベジャール氏等、
著名な外国人教師の指導を受ける。

講師

平野 玲

幼少の頃より、音楽家の両親のもとでピアノやクラシック音楽に親しむ。県立宝塚北高校演劇科に入学し、クラシックバレエ、狂言等の伝統芸能や劇表現や歌唱を学ぶ。その後、大阪芸術大学舞踊コースに入学し、クラシックバレエ、モダンバレエ、振り付け等も学ぶ。チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団後、15年間のうちにクラシック作品からモーリス・ベジャールやジョン・ノイマイヤーといった巨匠の作品をソリストとして踊り、ベジャール振り付け「舞楽」を主演する。ミラノ・スカラ座等ヨーロッパを中心とした世界中のオペラハウスの舞台にも数多く立つ。
演技を必要とする個性的な役柄も得意とし、指導に訪れたアンソニーダウエルには「彼は優れた俳優だ」と言わしめる。日本バレエ協会の主催公演や各地のバレエ団の公演にもゲストとして出演し、幅広く活躍している。三鷹市で三鷹シティバレエスタジオを主催している。

倉谷 武史

16才でバレエを始め、鈴木寿雄氏に師事。
その後、チャイコフスキー記念東京バレエ団前芸術監督溝下司朗氏に師事し20才でチャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。
バレエ団の全国公演や、海外公演など数々の作品に出演。古典作品では、主要なソリストを踊り、ベジャール作品である『ザ・カブキ』では由良ノ助の息子の力弥、『火の鳥』ではパルチザン、『春の祭典』では若者、『ギリシャの踊り』では二人の若者などのソリストを踊る。
2004年東京バレエ団を退団。
その後、小林紀子バレエ・シアターではゲスト出演し、マクミラン振付『TheInvitation』、『ソワレ・ミュージカル』のソリスト、アシュトン振付『二羽の鳩』ではジプシーボーイ、『レ・パティヌール』では主役のブルーボーイを踊る。
現在はフリーとして活動中。

教師

丸山 紗依

三上 莉穂

古田 桃子

丸山 紗依

三上 莉穂

古田 桃子

バレエ ミストレス

佐藤 なつみ